HOME > 詳細 > 近代近江商人経営史論
同一ジャンルへ: 経営史
近代近江商人経営史論

近代近江商人経営史論

同志社大学経済学研究叢書 > 同志社大学経済学研究叢書 4

末永 国紀/著


1997年04月発売
A5判 , 442ページ
定価 8,250円(本体 7,500円)
ISBN 4-641-06793-7


経営史

在庫なし

中世に端を発し近世に輩出して活躍した近江商人は,明治以降も,その広域志向等の特質を保って時代の変化に適応し,現在の総合商社等につながるエネルギーを維持した。菅野和太郎を始め従来の通説的近江商人論を,徹底した実証研究で再点検し,近代商業史研究に新地平をひらく。
目次
《主な目次》
序章 近代商人資本研究と本書の課題
1章 創業期の近江商人
2章 幕末維新期山中中兵右衛門家の支配人経営と家政改革
3章 明治前期の近江商人の投資行動
4章 企業勃興と商人資本
5章 丁吟の鉱工業部門投資
6章 大陸の近江商人
7章 近代の織物問屋丁吟の経営
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016