HOME > 詳細 > 貧困問題とソーシャルワーク -- 公的扶助論
同一ジャンルへ: 社会福祉
貧困問題とソーシャルワーク

貧困問題とソーシャルワーク -- 公的扶助論

21世紀,福祉の時代を拓く

岩田 正美 (日本女子大学教授),岡部 卓 (東京都立大学教授),清水 浩一 (明治学院大学教授)/編


2003年08月発売
四六判並製カバー付 , 314ページ
定価 2,310円(本体 2,100円)
ISBN 4-641-05534-3


社会福祉
社会福祉 > ソーシャルワーク
基本書・体系書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


生活保護法の理念・原理,生活保護の実施過程,利用層からみた生活保護,公的扶助制度を全般的に解説。ソーシャルワーカーに必要な知識とともに,貧困問題とは何かを理念・実態から見据え,生存権保障を広く・深くとらえた,これからの「公的扶助論」の最適テキスト。
目次
1章 人間と貧困
2章 貧困問題とは何か
3章 貧困把握の具体的方法
4章 公的扶助制度の形成
5章 福祉国家と公的扶助制度
6章 生活保護法の理念と原理
7章 生活保護制度の仕組み
8章 生活保護の実施
9章 利用層からみた生活保護の実態と変化
10章 ソーシャルワークと貧困理解
11章 ソーシャルワークと公的扶助制度
12章 低所得層対策と公的扶助制度
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016