HOME > 詳細 > 証券取引法読本 第4版
同一ジャンルへ: 経済法
証券取引法読本

証券取引法読本 第4版

金融システム改革に伴う改訂

河本 一郎 (神戸大学名誉教授),大武 泰南 (摂南大学教授)/著


2000年01月発売
A5判上製カバー付 , 412ページ
定価 3,740円(本体 3,400円)
ISBN 4-641-04492-9


経済法 > 金融・証券 > 証券取引

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

金融市場システムの改革(投資者,投資調達者に対し,その対象となる投資商品や投資方法等の選択の幅を拡大し競争を促進する環境の整備)に伴う,証券取引法の大幅改正に対応した改訂版。併せて,新しい判例・資料を追加し,アップ・ツー・デートにした最新のテキスト。
目次
《主な目次》
第1章 証券取引法とはどういう法律か
第2章 企業内容等の開示制度を考える
第3章 証券会社の役割
第4章 大きく変わった有価証券市場
第5章 不公正な取引をどう規制するか
第6章 重要な自主規制機関の役割
第7章 難しい証券行政
第8章 証券取引法と関係深い主な法律
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016