HOME > 詳細 > 因果関係論
同一ジャンルへ: 刑法
因果関係論

因果関係論

新進気鋭の刑法学者による,意欲的モノグラフィー

辰井 聡子 (横浜国立大学助教授)/著


2006年11月発売
A5判上製カバー付 , 230ページ
定価 5,184円(本体 4,800円)
ISBN 4-641-04244-6


刑法 > 刑法総論 > 行為・構成要件

在庫なし

相当因果関係説とは何だったのか。判例と学説は対立しているのか。混迷する因果関係論に新たな光を当て,因果関係の意義と内容を明らかにする。実務と学説に共有可能な基盤を措定し,帰責判断の軸となる考え方を明快に論じる意欲作。
目次
はじめに
第1章 問題の所在
第2章 一般予防論の展開
第3章 責任の理解と因果関係論
第4章 刑法上の因果関係
第5章 相当因果関係
第6章 条件関係
おわりに
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016