HOME > 詳細 > 犯罪の多角的検討 -- 渥美東洋先生古稀記念
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
犯罪の多角的検討

犯罪の多角的検討 -- 渥美東洋先生古稀記念

刑事法理論と実務の状況を披瀝した23篇を収録

田口 守一 (早稲田大学教授),井上 正仁 (東京大学教授),井田 良 (慶應義塾大学教授),椎橋 隆幸 (中央大学教授)/編


2006年05月発売
A5判上製箱入 , 560ページ
定価 11,880円(本体 11,000円)
ISBN 4-641-04236-5


刑事訴訟法

在庫なし

犯罪の今日的現状を刑法,刑事手続,刑事政策などの立場から多角的に解明した論集。
目次
《刑 法》
 刑法解釈と権力の抑制(日本大学教授)船山泰範
 臓器移植に関する法的規制の在り方をめぐって(慶應義塾大学教授)井田 良
 過失犯に関する覚書(東京大学教授)山口 厚
 性的自由に対する罪の再検討(首都大学東京法科大学院教授)木村光江
 クレジットカードの不正使用と詐欺罪の成否(同志社大学教授)奥村正雄
《刑事訴訟法》
 刑事裁判実務への疑問(立教大学教授・弁護士)荒木伸怡
 排除法則と毒樹の果実論(名城大学教授)小早川義則
 有罪答弁における適正手続(早稲田大学教授)田口守一
 証人保護手続の新展開(中央大学教授)椎橋隆幸
 コンピュータ関連犯罪と証拠の問題(明治学院大学名誉教授)宮野 彬
 後訴遮断の視点と後訴遮断の範囲(中央大学教授)中野目善則
《刑事政策,その他》
 犯罪認知件数の減少と刑事政策(首都大学東京法科大学院教授)前田雅英
 フランス警察行政法における行政警察と司法警察(在フランス日本国大使館一等書記官)岡部正勝
 最近の「情報機関」を巡る議論の動向について(警察庁警備局外事情報部外事課長)北村 滋
 犯罪統御の手法(警察大学校特別捜査幹部研修所長)田村正博
 犯罪機会論と安全・安心まちづくり(立正大学教授)小宮信夫
 地域ぐるみの防犯活動の一試行(京都産業大学教授)藤岡一郎
 状況的犯罪予防と問題志向型警察活動(科学警察研究所犯罪行動科学部長)原田 豊
 修復的ポリシングの可能性(早稲田大学教授)高橋則夫
 精神医学におけるPTSD概念の変遷(武蔵野大学教授)小西聖子
 アメリカ合衆国における性犯罪者処遇の現状(中央大学教授)藤本哲也
 イギリスにおける「子どもの安全」と性犯罪者対策(拓殖大学教授)守山 正
 受刑者処遇改革への展望(明治大学名誉教授・弁護士)菊田幸一
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016