HOME > 詳細 > 基礎演習商法
基礎演習商法

基礎演習商法

基礎演習シリーズ > 基礎演習シリーズ

倉沢 康一郎奥島 孝康/著


1992年04月発売
四六判 , 324ページ
定価 2,530円(本体 2,300円)
ISBN 4-641-03740-X


商法一般・総則・商行為

在庫なし

「法学教室」の演習欄に連載したものに書き下ろしを加えてまとめたもの。会社法,手形・小切手法の基本的論点56項目をピックアップ。平成2年改正も考慮した。主に具体的ケースに即して「問題の所在」を明らかにし,コンパクトに解説。学生・受験生に最適の演習書。
目次
《主な目次》
会社法
 会社の種類/会社の能力/発起人の権限/一人会社/法人格の否認/資本と株式/株式譲渡の制限/株券発行前の記名株式の譲渡/自己株式の取得/株式相互保有規制/株主名簿の閲覧・謄写権/株主の提案権/取締役の説明義務/議決権行使資格の制限/書面投票制度/営業譲渡/総会決議の瑕疵/取締役会と代表取締役/表見代表取締役/取締役の競業取引/利益相反取引/表見的取締役の対第三者責任/他
手形・小切手法
 為替手形,約束手形および小切手の異同/手形と貨物引換証との差異/手形理論(交付の欠缺)/手形行為における意思表示の瑕疵・意思の欠缺/手形行為の解釈(金額の重複記載)/偽造による手形行為の効果/代理人の権限濫用による手形行為/取締役と会社間の手形行為/表見代理における第三者の範囲/白地手形の成立/白地手形上の権利と時効/裏書以外の方法による手形の譲渡/他
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016