HOME > 詳細 > 生命科学の発展と法 -- 生命倫理法試案
同一ジャンルへ: 債権各論
生命科学の発展と法

生命科学の発展と法 -- 生命倫理法試案

「生命倫理法」の提案

総合研究開発機構 (帝京大学教授),川井 健/共編


2001年09月発売
A5判上製カバー付 , 292ページ
定価 4,400円(本体 4,000円)
ISBN 4-641-02761-7


債権各論 > 不法行為

在庫なし

近年の生命科学の発展は著しい。本書は,これに対する法制度のあり方について,法学者,医学者,ジャーナリスト等が学際的に研究した成果をまとめたもの。あわせて,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツの実情を紹介し,25カ条にわたる「生命倫理法試案」を提言。
目次
《主な目次》
第1部 生命倫理法試案等
 第1章 生命倫理法試案
 第2章 関連法等との比較
第2部 本 論
 第1章 総 論
 第2章 我が国における生殖補助医療の現状と特徴
 第3章 生殖補助医療および精子・卵子の提供と胚の管理
 第4章 生殖補助医療によって生まれた子の親子関係等
 第5章 人の発生操作研究の規制
 第6章 刑事法からみた規制論
第3部 外国法制
 第1章 アメリカ
 第2章 イギリス
 第3章 フランス
 第4章 ドイツ
 第5章 ヨーロッパおよび国連
【資 料】
 1ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律
 2厚生省・生殖補助医療技術に関する専門委員会・報告
 3日本弁護士連合会案
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016