HOME > 詳細 > 刑事判例評釈集 第48・49・50巻 -- 昭和61・62・63年度
同一ジャンルへ: 刑法
刑事判例評釈集 第48・49・50巻

刑事判例評釈集 第48・49・50巻 -- 昭和61・62・63年度

昭和の事件を凝縮,全50巻完結

刑事判例評釈集 > 刑事判例評釈集

刑事判例研究会/編


2000年03月発売
A5判上製箱入 , 364ページ
定価 8,800円(本体 8,000円)
ISBN 4-641-02024-8


刑法

在庫なし

昭和61年の最高裁刑事判例11件,昭和62年の同判例11件,昭和63年の同判例10件,合計32件の評釈を収録。ゴルフ場内のロストボールが窃盗罪の客体になるとされた事例,水俣病刑事上告審決定等,興味深い事件を扱う。
目次
《主な内容》
第48巻・昭和61年度
自動速度監視装置による速度違反車両運転者及び同乗者の容貌の写真撮影の合憲性/同一の日時場所において多数の選挙人に対し饗応接待をした場合の罪数/公文書の内容に改ざんを加えたうえそのコピーを作成した場合の擬律/売春防止法13条1項の「情を知って」の意義/他
第49巻・昭和62年度
警察犬による臭気選別の結果が有罪の事実認定の用に供しうるとされた事例/県議会委員会の条例採決等の事務が威力業務妨害罪にいう「業務」にあたるとされた事例/ゴルフ場内のいわゆるロストボールが窃盗罪の客体になるとされた事例/他
第50巻・昭和63年度
堕胎により出生させた未熟児を放置した医師につき保護責任者遺棄致死罪が成立するとされた事例/水俣病刑事上告審決定/見通しのきかない交差点におけるいわゆる広路通行車両の徐行義務/覚せい剤使用の罪について公訴事実の同一性が認められた事例/他
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016