HOME > 詳細 > 相続法 第4版
同一ジャンルへ: 親族・相続
相続法

相続法 第4版

法律学全集 > 法律学全集 24

中川 善之助 (元東北大学名誉教授),泉 久雄 (専修大学名誉教授)/著


2000年10月発売
A5判上製箱入 , 728ページ
定価 6,480円(本体 6,000円)
ISBN 4-641-00774-8


親族・相続 > 相続法
基本書・体系書

在庫なし

相続は個人的私所有の承継である,といわれる。最近は高齢化社会を反映してか遺言に関する判例が多くなっている。1988年の第3版以降,これらの判例・文献を織り込み,さらに充実した相続法の決定第4版。法律の研究・実務に携わる人々にお勧めする。
目次
《主な目次》
序 論
 第1章 相続の意義
 第2章 現代相続権の根拠
 第3章 相続の形態
 第4章 民法相続編
本 論
 第1章 総説(相続法上の基礎的諸概念/相続回復請求権)
 第2章 相続人(相続能力/相続欠格/相続人の廃除/相続人の種類と順位/代襲相続)
 第3章 相続の効力(遺産承継/遺産共有/相続分/遺産分割)
 第4章 相続人の選択―承認と放棄―(総説/単純承認/限定承認/放棄)
 第5章 財産分離(財産分離の意義/財産分離の請求/財産分離の効力)
 第6章 相続人の不存在(相続財産法人/相続財産の処理)
 第7章 遺言(遺言の性質/遺言の方式/普通方式/特別方式/遺言の一般的効力/遺贈の効力/遺言の執行/遺言の取消)
 第8章 遺留分(遺留分の意義/遺留分の確定/遺留分の減殺)
参考文献/事項・条文・判例索引
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016