HOME > 詳細 > 不動産登記法 第4版
同一ジャンルへ: 不動産法
不動産登記法

不動産登記法 第4版

法律学全集 > 法律学全集 25-II

幾代 通/著
徳本 伸一/補訂


1994年02月発売
A5判 , 570ページ
定価 7,020円(本体 6,500円)
ISBN 4-641-00761-6


不動産法 > 不動産登記

在庫なし

実体法と登記法を有機的に結びつけた名著『不動産登記法』の最新版。不動産登記法(平成5年),借地借家法,民事保全法の法改正を完全に織り込んだ。研究者・実務家に最も信頼されている最高水準の書。
目次
《主な目次》
第1章 序 説
 不動産登記制度の意義/不動産登記制度に関する立法例/わが国の不動産登記制度の沿革/ほか
第2章 登記に関する国家機関とその設備
 登記所/ほか
第3章 登記事項
 登記せらるべき不動産/登記せらるべき権利/登記せらるべき権利変動/ほか
第4章 登記の意義および種類
第5章 登記手続総論
 登記手続開始の諸態様/登記手続の当事者/登記申請の当事者/登記申請行為/ほか
第6章 権利に関する登記手続各論(1)
 変更登記/更正登記/抹消登記/抹消回復登記/滅失回復登記/ほか
第7章 権利に関する登記手続各論(2)
 所有権に関する登記手続/地上権に関する登記手続/ほか
第8章 不動産の表示に関する登記手続
 土地の表示に関する登記手続/建物の表示に関する登記手続
第9章 登記官の処分に対する審査請求
第10章 登記の効力および有効要件
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016