有斐閣 2024年7月の刊行予定(5月22日現在)

都市法

大橋 洋一 著

A5判並製カバー付,344ページ
予定価 3,850円
ISBN 978-4-641-22857-3

都市法制の基礎にある理念から説き起こし、法制度と実態が乖離している現状を分析し問題を析出。現代にふさわしい都市法を構想する。

法律 > 行政法

商法総則・商行為法の現在 — その現代化に向けて

清水 真希子・髙橋 美加 編

A5判並製カバー付,216ページ
予定価 4,400円
ISBN 978-4-641-23326-3

法学教室の好評連載を書籍化!
一流の執筆陣が商法総則・商行為法研究のまさに”現在”を提示する一冊。

法律 > 商法

工場史 — ポスト冷戦期の日本製造業

藤本 隆宏 編

A5判並製カバー付,360ページ
予定価 5,170円
ISBN 978-4-641-16628-8

1990年から30年余、円高下、製造業の現場は生き残りをかけていかに対応したのか。詳細な調査から歴史的考察を行う現場史。

経済・経営 > 経営学

モビリティーズの社会学

吉原 直樹・飯笹 佐代子・山岡 健次郎 編

A5判並製カバー付,230ページ
予定価 3,630円
ISBN 978-4-641-17498-6

「モビリティーズ」の理論的論点を整理し,各地のモバイルな諸相を具体的に論じる。移民や国境,境界,非西洋の側からアプローチ。

人文・社会 > 社会学

内申書を問う — 教育評価研究からみた内申書問題

田中 耕治・西岡 加名恵 編

四六判並製カバー付,260ページ
予定価 2,860円
ISBN 978-4-641-17497-9

内申書をめぐる疑念や不安の在りかを明らかにし,教育評価研究の視角から,期待されるあり方を探求する。

人文・社会 > 教育学

行政法概説Ⅲ〔第6版〕 — 行政組織法/公務員法/公物法

宇賀 克也 著

A5判並製カバー付,720ページ
予定価 5,280円
ISBN 978-4-641-22866-5
旧版ISBN 978-4-641-12605-3

圧倒的情報量と確かな理論で信頼厚い行政法概説の第3巻。最新の立法状況や判例・学説、実務の動向を反映し、内容も一層充実。

法律 > 行政法

挑戦するフェミニズム — ネオリベラリズムとグローバリゼーションを超えて

上野 千鶴子・江原 由美子 編

A5判並製カバー付,310ページ
予定価 3,080円
ISBN 978-4-641-17499-3

フェミニズムは何と格闘し,何を獲得してきたのか。資本主義が変容した社会で起きている新たな課題とは。第一線の研究者が集結!

人文・社会 > 社会学

租税法講義

渕 圭吾 著

A5判並製カバー付,540ページ
予定価 5,280円
ISBN 978-4-641-22859-7

法規定の背後にある所得課税の仕組みを理解し,問題解決能力を養うテキスト。複雑な税法を見通すための確実な基礎が身につく。

法律 > 行政法

注釈少年法〔第5版〕

田宮 裕・廣瀬 健二 編

A5判並製カバー付,780ページ
予定価 6,270円
ISBN 978-4-641-13966-4
旧版ISBN 978-4-641-13922-0

少年審判実務に携わる裁判官・弁護士が少年法・少年院法・更生保護法を逐条解説。令和3年改正等を織り込んで改訂した。

法律 > 刑事訴訟法

経済法判例・審決百選〔第3版〕

別冊ジュリスト268

川濵 昇・武田 邦宣・和久井 理子 編

B5判並製,280ページ
予定価 3,300円
ISBN 978-4-641-11568-2
旧版ISBN 978-4-641-11534-7

旧版刊行以降の動きを反映した最新版。経済法独自の解説対象として,審決・企業結合事例・相談事例,確約認定の事例も取り扱う。

法律 > 経済法/知的財産法

先義後利の経営 — 渋沢栄一が求めた経済士道

田中 一弘 著

四六判並製カバー付,350ページ
予定価 3,300円
ISBN 978-4-641-16633-2

日本資本主義の父・渋沢の道徳経済合一説の真意を読み読く。戦略的CSRなど現代問題にも一石を投じよき企業者のあり方を示す。

経済・経営 > 経営史

企業家研究 第24号(2024)

企業家研究フォーラム 編

B5判並製,162ページ
予定価 3,300円
ISBN 978-4-641-49013-0

学問研究の垣根を越えて,経済社会の活力を問うユニークな学会の機関誌の最新号。

経済・経営 > 経営史