「政治の話」とデモクラシー | 有斐閣
HOME > 詳細 > 「政治の話」とデモクラシー -- 規範的効果の実証分析
同一ジャンルへ: 政治,心理学
「政治の話」とデモクラシー

「政治の話」とデモクラシー -- 規範的効果の実証分析

「政治の話」はデモクラシーの資本たりうるか

横山 智哉 (金沢大学講師)/著


2023年03月発売
A5判上製カバー付 , 260ページ
定価 4,290円(本体 3,900円)
ISBN 978-4-641-14945-8
Talking Politics: The Political Potential of Interpersonal Communication in Japanese Democracy

政治
心理学 > 社会心理学

○在庫あり
受賞 書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


日々行われる「政治の話」は,人々の政治態度や政治行動にどのような影響を与え,またそれは民主主義を機能させるうえでいかなる効果を持つのか。本書は,これらについて,世論調査データを用いた統計分析や,サーベイ実験により実証的に明らかにする。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序 章 民主政における「政治の話」が果たす役割
 第Ⅰ部 「政治の話」に関する問い
第1章 政治的会話の問い
第2章 政治的議論の問い
 第Ⅱ部 政治的会話の実証分析
第3章 政治的会話の構造
第4章 政治的会話の抵抗感
第5章 政治的会話の動機
第6章 政治的会話と政治知識
第7章 政治的会話と政治参加①──認知レベルの心理変数を媒介とした分析
第8章 政治的会話と政治参加②──態度レベルの心理変数を媒介とした分析
第9章 政治的会話と政治的寛容性
 第Ⅲ部 政治的議論の実証分析
第10章 政治的議論の効果──ミニ・パブリックスに基づく検証
第11章 政治的議論の効果の持続性
終 章 「政治の話」はデモクラシーの資本たりうるか

受賞

第39回(2023年度)電気通信普及財団賞 テレコム人文学・社会科学賞(入賞)

書評等

※『週刊読書人』(2023年12月22日号)の「動向収穫」で,2023年政治学分野の一冊として紹介されました。紹介者は,吉田徹・同志社大学教授。
※『Voters』76号(2023年10月)の短信に,「主権者教育に参考になる書籍」として紹介されました。
※『図書新聞』第3601号(2023年7月29日号)の「2023年上半期 読書アンケート」で取り上げられました。紹介者は,竹中佳彦・筑波大学教授。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016