戦後日本の医療保険制度改革 | 有斐閣
HOME > 詳細 > 戦後日本の医療保険制度改革 -- 改革論議の記録・継承・消失
同一ジャンルへ: 政治
戦後日本の医療保険制度改革

戦後日本の医療保険制度改革 -- 改革論議の記録・継承・消失

改革のアイディアはどのように創造されるのか

三谷 宗一郎 (甲南大学准教授)/著


2022年12月発売
A5判上製カバー付 , 278ページ
定価 4,400円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-14942-7
Policy Making through Organizational Learning: The Case of Health Insurance Policy in Japan

政治

○在庫あり
受賞

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。
なお,hontoでは紙の書籍は購入できませんが,電子書籍を購入できます。


老人保健制度の創設をはじめ,1980年代に日本の医療保険制度改革は急速に進展した。厚生官僚はどのように改革案を準備したのか。戦後の医療保険制度改革の歩みをたどりながら,非公表の内部文書や聞き取り調査の成果を利用して,改革論議の継承過程を明らかにする。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序 章 問題の所在
第1章 分析枠組み
第2章 1950年代における医療保険制度の再建
第3章 1960年代における厚生省内部の改革論議
第4章 1970年代以降の医療費適正化政策の実現
第5章 1980年代以降の新たな改革案の探索と消失
終 章 結論と含意

受賞

2023年度日本公共政策学会 学会賞(奨励賞)

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016