2017年10月号(No.1511)

最新号の詳細

定期購読キャンペーン

法律実務のパートナー 「ジュリスト」 月刊

民商法、知的財産法、租税法、経済法、労働法といったビジネスロー群を中心に、実務に必要な旬のテーマを採りあげ、第一線で活躍される研究者、 実務家に検討と解説を加えていただきます。実務指針として必読です。

特集

特集 債権法改正の要点

ようやく民法(債権法)の改正が成立しました。整備法の対象法律が200を超えるなど,市民生活においても,ビジネスにおいても,その影響は広範囲に及びます。特集では,改正法の要点をピックアップして,改正内容の整理とともに,課題の検討を行うことで,これからの解釈論の出発点を提示します。


また,本号から,知財分野の若手研究者による1年間のリレー連載がスタートします。知的財産権に関する最新動向を,見開き2頁でコンパクトにご紹介いただきます。さらに,本号から2号に渡って,波乱の第193回国会の概観を掲載します。あわせてご一読下さい。