2017年12月号(No.1513)

最新号の詳細

定期購読キャンペーン

法律実務のパートナー 「ジュリスト」 月刊

ジュリストの連載では,企業法務や一般民事実務,さらには訴訟実務など,様々な「法実務」のいまをとらえ,理解できるような記事を,大小様々な大きさでお届けします。

連載

不動産法の最前線

知的財産法とビジネスの種

様々なビジネスを進めていくうえで,ヒントになるような知的財産法との関わりについて,見開き2頁でコンパクトにまとめた,若手研究者による読み物欄。


裁判官に聴く 訴訟実務のバイタルポイント

訴訟実務を進めるためのポイントを,現役の裁判官が,訴訟類型ごとに現状を踏まえながら語る読み物欄。


債権法改正と実務上の課題(2018年1月号から)

ようやく成立した債権法改正。この連載では,改正により実務への影響が大きいと思われるテーマをピックアップして,法制審議会に参加していた弁護士と研究者が,具体的な事例をベースに,債権法改正の実務への影響を考えます。


霞が関インフォ

「霞が関」の現状を伝えるコーナー。各官公庁ウェブサイトの情報も充実している昨今ですが,いまどのようなことが議論され,今後どのような動きがあるのか,コンパクトかつタイムリーにご紹介いただきます。

記事サンプル

不定期連載

HOT issue

「法事象」と「人」に焦点をあてた読み物欄。
東日本大震災からの復興」「TPP交渉参加の行方」「憲法96条『改正』を考える」等々,気になる時事問題について研究者と実務家にするどく切り込んでいただきます。