HOME > 法律講演会2013

有斐閣 法律講演会 2012

もっと会社法を好きになる

会社法はどのように学習すればよいのだろう?
膨大な会社法の条文を前に,
始める前からあきらめてはいませんか?
事例公開講義から始まり,テキストの読み方,演習書の使い方,
他分野の学習との関連へと話を進めていただきます。

講演者

法曹をめざす人々へ

前最高裁判所判事 田原睦夫先生 国民から信頼される法の支配は,安定した社会の基礎をなし,法曹はその主要な担い手です。その信頼を維持するには,法曹は常に社会全体についての幅広く且つ深い知識が求められます。そうした力を如何にして身につけるかについて語りたいと思います。

民事裁判の機能と望まれる法曹像

一橋大学教授 山本和彦先生 対談 東京地方裁判所判事 菅野雅之先生
訴訟実務の最前線にある医療事件の具体的な事案を素材にした対話により,現代の裁判に求められている機能とその中で法律家に望まれる役割を明らかにしたいと思います。法科大学院に期待される実務と理論の架橋を果たすような対談にすることができればと考えています。   現在担当している医療関係事件を例に取り,事実認定や法的判断に際して理論と実務の交錯する場面を念頭に置いて,紛争解決のラストリゾートとしての民事裁判の役割とそれに関わる法曹に求められる資質・役割について,語り合う場としたいと思います。

刑事裁判の変革と法律家の新たな役割

京都大学教授 酒巻 匡先生 対談 東京地方裁判所判事 河本雅也先生
裁判員制度の導入を契機に現在の刑事裁判に生じている変革の動きをとりあげながら,そこで求められている手続関与者の新たな役割,法律家としての能力や刑事事件を扱うに際しての視点などについて,刑事裁判官と対話し,刑事司法の将来を展望したいと思います。   刑事法の本質を掴み,表現することの重要さ。事実を認定するために必要とされるもの。等々法科大学院生として刑事法を学ぶ意義について,施行後3年を経過した裁判員制度を中心に近時の動向もふまえながら,分かりやすくお話ししたいと思っています

入場チケット購入方法

フォームから

フォームに沿ってお申込みください。
ゆうちょ銀行またはコンビニエンスストアで利用可能な振込用紙を郵送いたします。

フォームから申込む

FAXで

住所・氏名・電話番号・購入枚数を記入のうえ、右記宛にお申込みください。
ゆうちょ銀行またはコンビニエンスストアで利用可能な振込用紙を郵送いたします。

有斐閣業務部法律講演会係 03-3264-2236

チケット発売所(下記発売所でご購入ください)

東京大学生協 本郷書籍部
(TEL 03-3811-5481)
慶應義塾大学生協 三田書籍部
(TEL 03-3455-6631)
一橋大学生協 西ショップ
(TEL 042-575-4184)
中央大学生協 市ヶ谷店
(TEL 03-5368-9302)
首都大学東京生協 南大沢店
(TEL 0426-77-1413)
至誠堂書店 霞が関店
(TEL 03-3581-2604)
有斐閣本社 1階受付
(TEL 03-3265-6811)

お問合せ

有斐閣 雑誌編集部
TEL 03-3264-1311
Email: q-kouenkai@yuhikaku.co.jp
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016