HOME > 詳細 > 均等論,覚醒か死か
同一ジャンルへ: 知的財産法
均等論,覚醒か死か

均等論,覚醒か死か

日本工業所有権法学会年報 > 日本工業所有権法学会年報 第38号

日本工業所有権法学会/編


2015年06月発売
A5判並製 , 284ページ
定価 4,212円(本体 3,900円)
ISBN 978-4-641-29988-7


知的財産法

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

○在庫あり

目次
【研究報告】
 英米特許法における先使用概念に関する一考察(武生昌士)
 日米でのPBPクレームの解釈と実務上の対策(三村淳一)
【シンポジウム】「均等論,覚醒か死か」
 均等論をめぐる論点の整理と考察(高林龍)
 均等論に関する近年の裁判例の動向と課題について(飯田圭)
 審査経過禁反言・出願時同効材と均等論(愛知靖之)
 アメリカ法におけるクレーム解釈を巡る現状と均等論の将来(平嶋竜太)
 ドイツにおける均等論の新たな動き(川田篤)
 補正と第5要件の適用について(淺見節子)
【質疑応答】
【論説】等価理論(均等論)の将来─特許法における正義の観点から(大瀬戸豪志)
 既判力及び信義則と特許侵害訴訟における裁判所の統一的判断(辰巳直彦)
 無効の抗弁導入後のクレーム解釈と均等論,並びにボールスプライン─最判の第5要件とFESTO最判との比較及び出願時同効材等について(設樂隆一)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016