HOME > 詳細 > 安保法制から考える憲法と立憲主義・民主主義
同一ジャンルへ: 憲法
安保法制から考える憲法と立憲主義・民主主義

安保法制から考える憲法と立憲主義・民主主義

安保法制を知り,憲法を考える

長谷部 恭男 (早稲田大学教授)/編


2016年06月発売
A5判並製 , 140ページ
定価 1,404円(本体 1,300円)
ISBN 978-4-641-22714-9
Constitutional Law and Politics in view of the Security Laws

憲法

○在庫あり

賛成・反対の声が渦巻くなか,ついに施行された安保関連法。日本の安全保障政策が大きな転換期を迎える一方,国際的なテロが発生し,新法制の下での政府の対応が注目されている。日本国民は「安保法制」とどのように向き合うべきか。憲法学者,ジャーナリストが「憲法」の理念と「立憲主義」「民主主義」といった基本原則の解説を通じてその答えを追い求める。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
●序 文…長谷部恭男
●「安保法制」から考える立憲主義・民主主義…杉田 敦/木村草太/柿崎明二
●「安保法制」から考える最高裁と内閣法制局の役割…長谷部恭男/青井未帆/豊 秀一
●安保関連法制を改めて論ずる…長谷部恭男
《資料》
安保関連法制タイムライン
日本国憲法

書評等

※「ふぇみん」2016年9月25日号(No.3133)の「books」で紹介されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016