HOME > 詳細 > 現代金融論 新版
同一ジャンルへ: 金融
現代金融論

現代金融論 新版

フィンテックなど変貌をとげる金融の全体像

川波 洋一 (下関市立大学学長),上川 孝夫 (横浜国立大学名誉教授)/編


2016年12月発売
A5判並製カバー付 , 368ページ
定価 3,024円(本体 2,800円)
ISBN 978-4-641-18433-6
Modern Monetary Economics (2nd ed.)

金融
入門書・概説書

○在庫あり

現代金融の全体像を理論,歴史,現状からバランスよく解説したスタンダード・テキストを10年ぶりに大幅改訂。第1部で金融の基礎的な概念や理論,メカニズムを,第2部で日本の金融制度や政策を,第3部でグローバル時代における現代金融の諸問題をわかりやすく解説。
目次
第1部 現代金融の基礎
 第1章 貨幣と金融(川波洋一)
 第2章 金融機関と銀行業(青山和司)
 第3章 企業・家計と金融(前田真一郎)
 第4章 金融市場と金融資産(三谷進)
 第5章 管理通貨制と中央銀行(近廣昌志)
第2部 現代金融と日本経済
 第6章 景気変動と金融危機(川波洋一)
 第7章 現代の金融業(掛下達郎)
 第8章 国債膨張下の財政と金融(吉川哲生)
 第9章 金融政策の新展開(森田京平)
 第10章 金融規制と金融制度改革(山村延郎)
 第11章 地域金融(齊藤正)
第3部 グローバル化と現代金融
 第12章 グローバル化と情報技術革新(遠藤幸彦)
 第13章 金融業の変貌とグローバル展開(木村秀史)
 第14章 グローバル化と主要国の金融システム(伊鹿倉正司)
 第15章 金融のグローバル化と国際金融システム(上川孝夫)
 第16章 グローバル化のなかの円(上川孝夫)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016