HOME > 詳細 > 雇用システム論
雇用システム論

雇用システム論

制度としての雇用を捉える

佐口 和郎 (東京大学教授)/著


2018年11月発売
A5判並製カバー付 , 258ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-16529-8
Employment System in Japan: Theory, Institutions, and History

労働経済学
社会政策・社会保障
入門書・概説書

○在庫あり

会社に雇われ,働いてその報酬で生活を営む──こうした働き方が当たり前のことになったのは昔のことではない。ICTの展開で雇用の枠外の働き方が現実になりつつある今,日本の雇用を概説することで,このメカニズムがいかに確立し実現され,変容しつつあるかを示す。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序論 制度としての雇用
第1部 理論的枠組み
 第1章 雇用制度の理論
第2部 諸制度
 第2章 賃金制度──年功賃金制度
 第3章 雇用調整制度──希望退職制度を中心に
 第4章 採用制度──新卒一括採用制度
 第5章 退職制度──定年制度
 第6章 非正規雇用
 第7章 女性雇用
 第8章 小括
第3部 関連領域
 第9章 雇用政策
 第10章 労使関係
総括に代えて 雇用の近未来

書評等

※株式会社アイ・キューのウェブサイト「日本の人事部」で紹介されました。→記事を読む(「日本の人事部」にジャンプします)
※『法学セミナー』2019年2月号の「新刊ガイド」で紹介されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016