HOME > 詳細 > 東南アジア経済史 -- 不均一発展国家群の経済結合
同一ジャンルへ: 経済史
東南アジア経済史

東南アジア経済史 -- 不均一発展国家群の経済結合

経済発展の基礎を解明する

桐山 昇 (中央大学教授)/著


2008年10月発売
四六判上製カバー付 , 260ページ
定価 2,160円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-16316-4


経済史 > 経済史その他
基本書・体系書

○在庫あり

めざましい経済発展と地域統合の進展で注目を集める東南アジア。近現代の経済発展の歩みの中から,それを可能にした条件を探る。旧宗主国の史料や,系統的な現地聴き取り調査を踏まえた本書の平明な叙述から,東南アジア経済のリアルな現状理解が生まれる。
目次
第1章 東南アジアの現在
第2章 東南アジアという地域世界
第3章 支配からの離脱
第4章 「国民経済」の追求
第5章 脱植民地経済希求の転回点
第6章 開発戦略の発見
第7章 ASEAN経済の形成──産業社会化のプロセス
第8章 産業社会の確立とFTA
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016