HOME > 詳細 > 刑事訴訟法 第5版
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
刑事訴訟法

刑事訴訟法 第5版

上口 裕 (南山大学教授),後藤 昭 (一橋大学教授),安冨 潔 (慶應義塾大学教授),渡辺 修 (甲南大学教授)/著


2013年03月発売
四六判並製カバー付 , 360ページ
定価 2,268円(本体 2,100円)
ISBN 978-4-641-15943-3
Criminal Procedure

刑事訴訟法
入門書・概説書

○在庫あり

手続の流れがわかりやすく描かれた好評テキストの最新版。第4版刊行後の法改正に対応し,さらに最新の重要判例も多数盛り込んだ。コンパクトでありながら要所要所で興味深い論点にも触れ,あきずにつきあえる。入門書としても復習用としても最適の1冊。
目次
序 章 刑事手続のアウトライン
第1章 捜 査
 捜査の主体/捜査の端緒/捜査の原理/捜査の方法/被疑者の防御/捜査の終結/国際捜査
第2章 公訴の提起
 起訴・不起訴/起訴状/裁判所の管轄/裁判所の構成/裁判員による裁判/即決裁判手続
第3章 公判審理
 公判準備/公判期日/主張と立証/訴因の変更
第4章 証 拠
 証拠による認定/証拠の資格/証拠の価値/挙証責任と無罪推定
第5章 裁 判
 裁判の構成/形式裁判/実体裁判/裁判の効力
第6章 救済手段
 救済手段の種類とその必要性/控 訴/上 告/再 審/非常上告/抗告・準抗告
第7章 特別な手続と付随的な手続
 略式手続/少年司法/付随的な手続
終 章 刑事手続の歴史と将来
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016