HOME > 詳細 > はじめてのケア論
はじめてのケア論

はじめてのケア論

新たなケアと支援のしくみをつくるために

三井 さよ (法政大学教授)/著


2018年12月発売
A5判並製カバー付 , 236ページ
定価 1,944円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-15060-7


社会学
社会福祉
入門書・概説書

○在庫あり

地域包括ケアの時代に求められる新たなケアシステムとは何か。「生活の質」を重視するケア(ベースの支援)に焦点を当て,その基礎的論点を整理する。暮らしの中のケアに潜む「排除/包摂」の視点を通してケアと社会のあり方を考える,ケアの社会学入門。
目次
第1章 ケアシステム--何がどう変わりつつあるのか
第2章 ケア従事者(1)──専門職のケアとベースの支援
第3章 ケア従事者(2)──日常に埋め込まれているということ
第4章 ケアの質──質を問うとはどういうことか
第5章 地域(1)──学校を例に排除/包摂を考える
第6章 地域(2)──ケア従事者と地域
第7章 新たなケアと支援のしくみをつくるために
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016