HOME > 詳細 > 越境の国際政治 -- 国境を越える人々と国家間関係
同一ジャンルへ: 国際政治
越境の国際政治

越境の国際政治 -- 国境を越える人々と国家間関係

「国民」概念を問い直す

田所 昌幸 (慶應義塾大学教授)/著


2018年11月発売
A5判上製カバー付 , 326ページ
定価 5,940円(本体 5,500円)
ISBN 978-4-641-14924-3
International Politics of Immigration

国際政治

○在庫あり

戦争や迫害によって移動を強いられる人々,観光や留学,商業目的で自ら移動する人々。現代の世界は,多くの人々が国境を越えて行き交っている。こうした人の移動は国家と国際政治にどのような意味を持っているのかを,国際政治学の観点から多角的に検討する。
目次
序 章 移民と国際政治──問題意識と基礎的事実
第1章 人口移動政策と対外関係
第2章 政策の限界──非正規的な人口移動
第3章 国家とそのメンバーシップ
第4章 メンバーの包摂と再生産
第5章 在外の同胞と国家
終 章 日本にとっての国際人口移動

書評等

※『毎日新聞』(2018年12月9日付朝刊)の「2018 この3冊(上)」で取り上げられました。評者は,五百旗頭 真・兵庫県立大理事長/岩間陽子・政策研究大学院大教授。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016