HOME > 詳細 > 独占禁止法 第3版
同一ジャンルへ: 経済法
独占禁止法

独占禁止法 第3版

本格的体系書、待望の最新版

白石 忠志 (東京大学教授)/著


2016年12月発売
A5判上製カバー付 , 840ページ
定価 6,048円(本体 5,600円)
ISBN 978-4-641-14493-4


経済法 > 企業法・独占禁止法 > 独占禁止法
基本書・体系書

○在庫あり

実務家を中心に支持を集める体系書の最新版。審決例・裁判例・ガイドライン等に周到に目配りし,必要な情報を網羅して体系的に整理している。審判制度廃止にかかる平成25年改正に対応するとともに,第2版刊行後の数多くの重要事例にも丹念に応接している。
目次
 序 章
第1部 違反要件総論
 第1章 違反要件序論
 第2章 弊害要件総論
 第3章 他者排除行為の場合の違反要件の構造
 第4章 因果関係
 第5章 違反要件総論のその他の問題
第2部 各違反類型
 第6章 各違反類型序論
 第7章 不当な取引制限
 第8章 私的独占
 第9章 不公正な取引方法
 第10章 事業者団体規制
 第11章 企業結合規制
 第12章 例外的な違反類型
第3部 エンフォースメント総論
 第13章 エンフォースメント序論
 第14章 公正取引委員会
 第15章 公正取引委員会による被疑事件処理
 第16章 刑 罰
 第17章 民事裁判
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016