HOME > 詳細 > 公的医療保険の給付範囲 -- 比較法を手がかりとした基礎的考察
公的医療保険の給付範囲

公的医療保険の給付範囲 -- 比較法を手がかりとした基礎的考察

九州大学法学叢書 > 九州大学法学叢書 2

笠木 映里 (九州大学准教授)/著


2008年03月発売
A5判上製カバー付 , 332ページ
定価 6,696円(本体 6,200円)
ISBN 978-4-641-14388-3


社会保障法 > 社会保障 > 健康保険
債権各論 > 不法行為 > 医療・薬害事故

○在庫あり

医療費抑制実現のための制度改革論が展開される中,公的医療保険制度の提供する医療財やサービスの範囲をいかに決定すべきなのか,給付範囲の事前の決定とそれを事後的に担保・具体化する法規範や法制度に着目し,比較法的手法も用いて詳細な検討を行う意欲作。
目次
序 本書の問題意識
第1編 日 本
 序
 第1章 事前の給付範囲決定
 第2章 給付範囲の事後的な担保・具体化
 第3章 第1編(日本)の小括
第2編 ドイツ
 序
 第1章 法律による事前の給付範囲決定
 第2章 法律の下位規範による事前の給付範囲決定
 第3章 給付範囲の事後的な担保・具体化
 第4章 第2編(ドイツ)の小括
第3編 フランス
 序
 第1章 事前の給付範囲確定
 第2章 給付範囲の事後的な担保・具体化
 第3章 第3編(フランス)の小括
第4編 総 括
 序
 第1章 ドイツ・フランスの法制度の比較検討
 第2章 日本法への示唆
 第3章 おわりに
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016