HOME > 詳細 > 抵当権者の追及権について -- 抵当権実行制度の再定位のために
同一ジャンルへ: 物権法
抵当権者の追及権について

抵当権者の追及権について -- 抵当権実行制度の再定位のために

物権法の体系への挑戦

阿部 裕介 (東北大学准教授)/著


2018年08月発売
A5判上製カバー付 , 566ページ
定価 10,692円(本体 9,900円)
ISBN 978-4-641-13788-2


物権法
物権法 > 担保物権
物権法 > 担保物権 > 抵当権

○在庫あり

抵当不動産が第三取得者に譲渡された場合における抵当権者の追及権に関するフランス法学説史を紐解き,得られた示唆をもとに日本法上の抵当権実行制度の理論的な再定位を試みる。詳細かつ重厚な歴史研究の上に,物権法の新たな体系の可能性をも投げかける研究書。
目次
序 章
第1章 16世紀Paris慣習法典におけるラントの「割当て」法理と抵当権の誕生──フランス古法(その1)
第2章 17・18世紀フランスにおける抵当権と追及権──フランス古法(その2)
第3章 フランス中間法及び法典編纂期における抵当権と追及権
第4章 19世紀フランスにおける抵当権と追及権
第5章 日本法における抵当権と追及権
結 章
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016