HOME > 詳細 > 家族法 -- 民法を学ぶ 第3版
同一ジャンルへ: 親族・相続
家族法

家族法 -- 民法を学ぶ 第3版

これからの家族法を,学ぼう

窪田 充見 (神戸大学教授)/著


2017年03月発売
A5判並製カバー付 , 632ページ
定価 4,428円(本体 4,100円)
ISBN 978-4-641-13759-2
The Law of Family and Succession 3rd. ed.

親族・相続

○在庫あり

非嫡出子相続分違憲決定・再婚禁止期間違憲判決・預金債権大法廷決定等の重要判例を織り込みアップデート。親しみやすい筆致で書かれた解説は,客観的かつ丁寧で独習用としても最適。「法的ルールとしての家族法」の理解形成をめざす,新時代の標準的テキスト。

◆書斎の窓2011年10月号収録の「太田武男先生のこと―授業の終わりに」にて,著者が,本書執筆のきっかけなどについて書かれています。
  →記事を読む
目次
第1部 総 論
第2部 親 族
婚姻の成立/婚姻の効力/婚姻の解消/婚姻外の婚姻みたいな(?)関係/実親子関係/嫡出推定制度の周辺/生殖補助医療をめぐる問題/養子制度の概観と普通養子/未成年養子をめぐる問題/親権/親と子をめぐる問題/後見・保佐・補助と扶養
第3部 相 続
相続法の概観/相続の基本的効果/相続人をめぐる問題/相続分の意味と機能/具体的相続分/金銭債権・債務の共同相続と相続分/遺言/遺贈をめぐる問題/遺産分割をめぐる問題/相続人の権利を守る仕組み
特別講義 家族法と租税法
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016