HOME > 詳細 > 租税法と市場
同一ジャンルへ: 租税法
租税法と市場

租税法と市場

租税法学の新たな展開

金子 宏 (東京大学名誉教授・東亜大学教授),中里 実 (東京大学教授),J.マーク・ラムザイヤー (ハーバードロースクール教授)/編


2014年08月発売
A5判上製カバー付 , 562ページ
定価 7,884円(本体 7,300円)
ISBN 978-4-641-13166-8
Taxation and the Market Economy

租税法

○在庫あり

ビジネス・ローの一環を担う租税法という観点から租税法研究の展開を描き出す。租税法の本質にかかわる基本的課題から,実体経済を踏まえた最先端の論点まで,わが国租税法学が直面する問題を検討する。研究者から実務家まで必携。
目次
1 総 論
 「租税法解釈論 序説」(金子宏)
 「主権国家の成立と課税権の変容」(中里実)
 「累進課税とモラルハザード」(J・マーク・ラムザイヤー)
 「租税体系について」(増井良啓)
 「所得の構成要素としての純資産増加」(渕圭吾)
 「課税における人的資本の位置付け」(渡辺智之)
 「課税リスクへの対処方法を巡る一考察」(渋谷雅弘)
 「租税訴訟における法創造と租税法律主義」(弘中聡浩)
2 ファイナンス
 「『金融革命の進行』を振り返って」(神山弘行)
 「所得課税における法的帰属と経済的帰属の関係・再考」(藤谷武史)
 「金融商品の時価主義課税」(錦織康高)
 「一時所得の要件に関する覚書」(佐藤英明)
 「租税法における生命保険契約の意義」(渕圭吾)
 「プライベート・エクイティ・ファンドと組合課税」(伊藤剛志)
 「バーター取引にかかる所得税の課税問題」(吉村典久)
 「金融セクターに対する消費課税」(西山由美)
3 コーポレート
 「法人課税とリスク」(神山弘行)
 「広告と無形資産とタイミングと課税権配分」(浅妻章如)
 「有利発行に関する課税問題」(太田洋)
 「事業取引における債務の移転について」(岡村忠生)
 「自己株式に関する課税問題」(渡辺徹也)
 「事業再生と法人課税」(髙橋祐介)
4 国際課税
 「帰属所得主義と恒久的施設課税の今後」(浅妻章如)
 「移転価格税制における実務上の課題」(藤枝純)
 「コーポレート・インバージョン税制の実務と課題」(大石篤史)
 「パテントボックス税制の法人所得概念への影響」(岩崎政明)
 「国外からの国際的サービス提供事業による所得のソースルールについて」(駒宮史博)
 「国際課税における金融口座情報の共有体制の確立」(吉村政穂)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016