HOME > 詳細 > 憲法学再入門
同一ジャンルへ: 憲法
憲法学再入門

憲法学再入門

木村 草太 (首都大学東京准教授),西村 裕一 (北海道大学准教授)/著


2014年03月発売
A5判並製カバー付 , 218ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-13162-0
A Reintroduction to the Study of Constitutional Law

憲法
補助教材

○在庫あり

法学教室・好評連載の単行本化。あいまいな理解となりがちなテーマについて,その基礎概念から理解の基盤を作り直し,再入門をうながす。単行本化にあたり「憲法判断とは何を判断することなのか?」を新たに追加したとともに,両著者が互いのパートについて解説した「解題」も新たに収録。
*法学教室403号(2014年4月号)のBook Informationに掲載! 記事を読む
目次
【統治機構編=木村草太】
第1章 国民の意思と人格─帰報:統治機構の,いや法学の基礎知識
第2章 政治の領域における国会と内閣─主権者国民と権力分立とではどっちが偉いのか?
第3章 法の領域における国会と内閣─法の支配のプロジェクト
第4章 法の領域における裁判所─暗闇での裁判官の華麗な跳躍
第5章 独立性のある行政機関─委員会,裁判所,自治体,そして専門職
第6章 憲法の妥当性と憲法保障─なぜ君は頭からコーヒーをかぶらないのか?
補 章 憲法判断とは何を判断することなのか? ─合衆国皇帝ノートン閣下ヨリ処分違憲ナル勅命ヲ拝ス
/解題 木村憲法学における創造と正統性〔西村裕一〕

【人権編=西村裕一】
第1章 人権なき人権条項論
第2章 「審査基準論」を超えて
第3章 まなざしの憲法学
第4章 表現の自由論─その魔力からの解放について
第5章 社会的権力への懐疑
/解題 自由と公共の距離─西村裕一「人権と公共性」論・再考〔木村草太〕
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016