HOME > 詳細 > 行政法概念の諸相
同一ジャンルへ: 行政法
行政法概念の諸相

行政法概念の諸相

行政法理論の精華

行政法研究 > 行政法研究 8巻

塩野 宏 (東京大学名誉教授)/著


2011年06月発売
A5判上製箱入 , 550ページ
定価 10,044円(本体 9,300円)
ISBN 978-4-641-13100-2


行政法

○在庫あり

つねに学界をリードし,行政法学の発展に尽くしてこられた,塩野宏教授の行政法研究第8巻。第7巻『法治主義の諸相』以降に公刊された論文を中心に,未公表2篇を含む全23篇の論攷をおさめる。行政改革・司法制度改革に,行政法理論はいかに応接したか。
目次
第1部 行政法序論  1 行政法概念の諸相/2 基本法について/3 行政事件訴訟法改正と行政法学──行政法一般理論からみた/4 ある行政訴訟事件から見た行政法学の役割
第2部 公法と私法  1 行政法における「公と私」/2 行政法における「公益」について
第3部 行政過程とその統制  1 法治主義と行政法/2 情報公開法適用上の課題/3 行政訴訟の課題と展望/4 行政訴訟改革の動向/5 行政事件訴訟法改正と行政法学──訴訟類型論から見た/6 改正行政事件訴訟法の課題と展望/7 改正行政事件訴訟法の諸問題
第4部 国と地方公共団体  1 地方自治の本旨に関する一考察/2 地方公共団体の出訴資格/3 地方行政の活性化に果たす法曹の役割
第5部 行政組織法の諸問題  1 行政法学における法人論の変遷/2 国立大学法人について/3 国立大学法人の学長選考制度/4 行政委員会制度について/5 地方公務員制度改革の一局面/6 地方公務員法制の変遷
第6部 放送法制の課題  放送受信料考
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016