HOME > 詳細 > 法多元主義 -- グローバル化の中の法
法多元主義

法多元主義 -- グローバル化の中の法

法哲学年報2018

日本法哲学会 (日本法哲学会)/編


2019年11月発売
A5判並製 , 216ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-12610-7


法哲学・法社会学・法制史

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
統一テーマ「法多元主義─グローバル化の中の法」
提題趣旨(浅野有紀)
「行政法学からみた法多元主義」(原田大樹)
「グローバル・ガバナンスにおける多元的な秩序形成の在り方とその意義─原田報告へのコメント」(松尾 陽)
「私法・金融法における法多元主義」(小塚荘一郎)
「『法多元主義』における私的規範生成の在り方─小塚報告へのコメント」(山田八千子)
「法多元主義の問題提起をどう捉えるか─国際法からの眺め」(郭舜)
「法多元主義と国際人権法─多元的・非階層的・循環的な人権保障システムの可能性」(江島晶子)
「法多元主義における法的推論の問題─「関係性」を視野に収めた理論をめぐる試論」(近藤圭介)
「グローバル法多元主義と国際私法の現代的意義」(西谷祐子)
「総括コメント」(長谷川晃)

投稿論文
書評:論争する法哲学
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016