HOME > 詳細 > 法の支配と実践理性の制度化
法の支配と実践理性の制度化

法の支配と実践理性の制度化

「法とは何か」「法の支配」などの原理的問題に正面から取り組んだ意欲的論文集

田中 成明 (京都大学名誉教授)/著


2018年12月発売
A5判上製カバー付 , 360ページ
定価 7,020円(本体 6,500円)
ISBN 978-4-641-12604-6


法哲学・法社会学・法制史

○在庫あり

「法の支配に基づく実践理性の制度化」という法構想の基本的な方向をさぐり,その全体的な理論枠組を再構築する意欲的論文集。法理学的な考察姿勢を明確に示しつつ,視座・構想・モデルなどについて,どのような理論枠組が構築されるのか,その基本的な方向と理論構造を明らかにする。
目次
プロローグ
第一章 実践理性の法的制度化と「議論・交渉フォーラム」
 ──法の一般理論としての法構想の再定位に向けて
第二章 法の一般理論としての法概念論の在り方について
 ──現代分析法理学への二方向からの批判を手がかりに
第三章 「法の支配」論の基本構図とその主要争点の法理学的考察
 ──英米法理学における二つの「合法性」構想をめぐる議論を手がかりに
エピローグ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016