HOME > 詳細 > 法社会学の新世代
法社会学の新世代

法社会学の新世代

法社会学の実像に迫る!

太田 勝造 (東京大学教授),ダニエル・H・フット (東京大学教授),濱野 亮 (立教大学教授),村山 眞維 (明治大学教授)/編


2009年04月発売
A5判並製カバー付 , 384ページ
定価 3,240円(本体 3,000円)
ISBN 978-4-641-12533-9
Information Law

法哲学・法社会学・法制史 > 法社会学
補助教材

在庫なし

必要なデータを収集するためにはどのような調査方法が考えられ,さらには,その中のどの手法を選ぶべきか。結果として得られたデータからは何を読み取るのか。従来は詳論されなかった「調査手法」に光を当て,法社会学の醍醐味を伝える意欲的テキスト!
目次
第1部 経験的社会科学としての法社会学
 第1章 法現象の経験科学
第2部 具体例にみる経験科学の方法
1 参与観察
 第2章 審議会の参与観察
2 サーヴェイ・質問紙調査
 第3章 紛争行動と法の主題化
 第4章 弁護士へのアクセスの現状と課題
 第5章 法律問題と専門家相談
 第6章 権威主義・集団主義・社会的勢力認知尺度と司法制度に対する態度
 第7章 司法制度改革前の刑事弁護
3 既存資料の利用
 第8章 景観利益の測定
 第9章 日本人の法意識(法観念),とくに契約意識
 第10章 訴訟利用行動にかかわる諸要因
4 実験室実験・フィールド実験
 第11章 サンクションのない法の効果
 第12章 人々の契約意識
 第13章 民事紛争における交渉パフォーマンスとパースナリティ特性
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016