HOME > 詳細 > 刑事訴訟の理論
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
刑事訴訟の理論

刑事訴訟の理論

刑事手続の過去,現在,そして未来

松尾 浩也 (東京大学名誉教授)/著


2012年10月発売
A5判上製カバー付 , 488ページ
定価 9,680円(本体 8,800円)
ISBN 978-4-641-04284-1
The Theoretical Study of the Law of Criminal Procedure

刑事訴訟法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


近年,刑事裁判に対する国民の関心は高く,刑事訴訟法等の改正もめまぐるしい。本書は裁判員裁判の名付けの親である著者が,44年間にわたり刑事訴訟の理論を中心に執筆した20編の論考を収録する珠玉の論文集。
目次
第一部 総説
 第一章 刑事訴訟の基本原理
 第二章 いわゆる基礎理論
 第三章 刑事訴訟の日本的特色
第二部 関連する論文
 論文A 西ドイツ刑事司法における検察官の地位
 論文B 司法と検察
 論文C ディヴァージョンについて
 論文D 当事者主義と弁護
 論文E 現代検察論
 論文F 制定法と不文法
 論文G 刑事手続とシステム思考
 論文H 迅速な裁判
 論文I 起訴法定主義の動向
 論文J 刑事訴訟法の基礎理論
 論文K 刑事裁判の経年変化
 論文L 刑事訴訟の日本的特色
 論文M 刑事手続における訴訟関係人の非公式協議
 論文N アメリカ刑事訴訟法のヨーロッパ大陸法に対する影響
 論文O 日本における刑事訴訟法の発展
 論文P 犯罪被害者と法
 論文Q 日本における刑事手続の過去,現在,そして未来
 論文R 裁判員裁判について
 論文S 裁判員裁判一年を振り返って
 論文T 検討会議提言を読んで
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016