HOME > 詳細 > 刑罰論序説
同一ジャンルへ: 刑事学
刑罰論序説

刑罰論序説

刑罰の理論と実際

大越 義久 (東京大学教授)/著


2008年05月発売
四六判並製カバー付 , 192ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-04253-7


刑事学 > 刑事学(刑事政策)一般
入門書・概説書

在庫なし

刑罰の目的に≪犯罪抑止≫があることは否定できない。しかし,現在の刑罰は犯罪抑止策として有効なのか? そうでなければなぜ犯罪者は処罰されるのか? 刑罰の理論と現実を対比しながら,刑罰について考えていく。刑事政策の入門書として。
目次
1 ガイダンス
 1.近年の刑事立法ラッシュ
 2.犯罪,刑罰,刑事裁判
 3.犯罪と刑罰の現状
2 我が国における刑罰の歴史
 1.氏族時代
 2.律令時代
 3.武家法時代
 4.明治時代の刑罰
3 死 刑
 1.我が国における死刑の歴史
 2.死刑の現在
 3.死刑の存廃論
 4.死刑についての司法判断──死刑と憲法
 5.死刑と形而上学
 6.死刑と科学主義──新派刑法学
4 自由刑
 1.近代自由刑の起源と歩み
 2.自由刑の現在
 3.自由刑についての司法判断──自由刑と憲法
 4.自由刑の課題
5 財産刑
 1.財産刑の歴史
 2.財産刑の現在
 3.財産刑の課題
6 現代社会の犯罪と刑罰
 1.少年法の改正
 2.心神喪失者等医療観察法
 3.環境保護と刑法
 4.共謀罪の新設
7 中間的帰結……「刑罰の理論」に代えて
 1.刑罰の理論と実際
 2.我が国の再犯防止教育
 3.社会政策としての刑罰
 4.犯罪防止対策
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016