HOME > 詳細 > 逐条解説 刑事収容施設法
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
逐条解説 刑事収容施設法

逐条解説 刑事収容施設法

林 眞琴 (法務省大臣官房人事課長),北村 篤 (法務省法務総合研究所研究部長),名取 俊也 (東京地方検察庁刑事部副部長)/著


2010年11月発売
A5判上製箱入 , 1056ページ
定価 9,720円(本体 9,000円)
ISBN 978-4-641-01842-6


刑事訴訟法 > 矯正・保護・保安処分・恩赦

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

監獄法を100年振りに全面改正した「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」の立案担当者による待望の逐条的解説書。刑事収容施設における運用を踏まえ政省令,訓令・通達についても言及。矯正職員,法曹実務家,研究者にとっての必携書。
目次
第1編 総則
 第1章 通則(第1条~第2条)
 第2章 刑事施設(第3条~第13条)
 第3章 留置施設(第15条)
第2編 被収容者等の処遇
 第1章 処遇の原則(第30条ー第32条)
 第2章 刑事施設における被収容者の処遇
  第1節 収容の開始(第33条・第34条)
  第2節 処遇の態様(第35条~第37条)
  第3節 起居動作の時間帯等(第38条・第39条)
  第4節 物品の貸与及び自弁(第40条~第43条)
  第5節 金品の取扱い(第44条~第55条)
  第6節 保健衛生及び医療(第56条~第66条)
  第7節 宗教上の行為等(第67条・第68条)
  第8節 書籍等の閲覧(第69条~第72条)
  第9節 規律及び秩序の維持(第73条~第83条)
  第10節 矯正処遇の実施等(第84条~第109条)
  第11節 外部交通(第110条~第148条)
  第12節 賞罰(第149条~第156条)
  第13節 不服申立て(第157条~第170条)
  第14節 釈放(第171条~第175条)
  第15節 死亡(第176条・第177条)
  第16節 死刑の執行(第178条・第179条)
第3編 補則
 第1章 代替収容の場合における刑事訴訟法等の適用(第286条)
 第2章 労役場及び監置場(第287条~第289条)
 第3章 司法警察職員(第290条)
 第4章 条約の効力(第291条)
 第5章 罰則(第292条・第293条)
 資料・「監獄法改正の骨子となる要綱」「行刑改革会議提言」「未決拘禁者の処遇等に関する提言」
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016