HOME > 詳細 > 注釈日本国憲法(2) -- 10条-24条
同一ジャンルへ: 憲法
注釈日本国憲法(2)

注釈日本国憲法(2) -- 10条-24条

【創業140周年記念出版】有斐閣コンメンタール

有斐閣コンメンタール > 有斐閣コンメンタール

長谷部 恭男 (早稲田大学教授)/編
川岸 令和 (早稲田大学教授),駒村 圭吾 (慶應義塾大学教授),阪口 正二郎 (一橋大学教授),宍戸 常寿 (東京大学教授),土井 真一 (京都大学教授)/著


2017年01月発売
A5判上製箱入 , 548ページ
定価 6,804円(本体 6,300円)
ISBN 978-4-641-01797-9
Japanese Constitutional Law Annotated, Vol.2

憲法

○在庫あり

憲法をめぐる最新の議論を踏まえた注釈書。条文の成り立ちから最新の学説・判例の動向に至るまでを、各条に即して詳述する。本巻は、全4巻中の第1回配本として、国民の権利及び義務に関する日本国憲法第3章の前半(第10条から第24条まで)を収録。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第3章 国民の権利及び義務(1)
 前注(§§10-§§40)
 §10【国民の要件】
 §11【基本的人権の享有】
 §12【自由・権利の保持の責任とその濫用の禁止】
 §13【個人の尊重・生命,自由及び幸福追求に対する権利・公共の福祉】
 §14【法の下の平等,貴族の禁止,栄典】
 §15【公務員選定罷免権,公務員の本質,普通選挙の保障,秘密投票の保障】
 §16【請願権】
 §17【国及び公共団体の賠償責任】
 §18【奴隷的拘束及び苦役からの自由】
 §19【思想及び良心の自由】
 §20【信教の自由】
 §21【集会・結社・表現の自由,通信の秘密】
 §22【居住・移転及び職業選択の自由,外国移住及び国籍離脱の自由】
 §23【学問の自由】
 §24【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】

(以下、続刊)
  第1巻(前文・§§1-9・§§96-103),第3巻(§§25-64),第4巻(§§65-95)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016