HOME > 詳細 > サンクションの法社会学
サンクションの法社会学

【オンデマンド】 サンクションの法社会学

法社会学 > 法社会学 65号

日本法社会学会/編


2006年09月発売
A5判並製 , 262ページ
オンデマンド定価 5,400円(本体 5,000円)
オンデマンドISBN 4-641-90581-9
(原本ISBN 4-641-12512-0)



法哲学・法社会学・法制史

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

*2008年8月オンデマンド対応。
[特集:サンクションの法社会学]企画の趣旨/集合的サンクションに関する一考察/サンクションと観衆/想起される「振る舞い」/他
目次
<特集>「サンクションの法社会学」
 企画の趣旨=武士俣 敦
 集合的サンクションに関する一考察=飯田 高
 サンクションと観衆=松永寛明
 想起される「振る舞い」=馬場 淳
 制裁の語りにおける合意のインプリケーション=石田慎一郎
 犯罪観の変遷と刑罰の役割=松原英世
 刑罰制度の廃止と損害賠償一元化論=橋本祐子
 A Comparative Study of Attorney Discipline Systems in Japan and Washington State=Kyoko Ishida
 裁判所侮辱罪と面接交渉=石堂典秀
 規制政策のリーガリズムをめぐる日米比較論・再訪=青木一益
 交番再訪=吉田如子
〔論説〕則竹 賢/板橋亮平/原田綾子
〔書評〕高見澤 磨/南野佳代
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016