HOME > 詳細 > 異文化コミュニケーション研究法 -- テーマの着想から論文の書き方まで
異文化コミュニケーション研究法

異文化コミュニケーション研究法 -- テーマの着想から論文の書き方まで

石井 敏 (獨協大学教授),久米 昭元 (立教大学教授)/編


2005年04月発売
A5判並製カバー付 , 212ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 4-641-18317-1


異文化コミュニケーション
補助教材

○在庫あり

異文化コミュニケーション研究においてよく用いられる8つの研究法を紹介し,研究の進め方や留意すべき点を具体的な例を用いて平易に解説したテキスト。研究にあたっての心構えから方法論の全体的構図,論文の書き方,研究テーマの紹介までを盛り込んだ。
目次
序 章 異文化コミュニケーション研究を始めるにあたって
第1章 異文化の歩き方・学び方・描き方──フィールドワーク
第2章 会話を「科学」する──会話研究
第3章 異文化批評を書く──批判的分析
第4章 歴史からのアプローチ──異文化交流史的考察
第5章 異文化コミュニケーションを理論モデルと数値でとらえる──量的調査法
第6章 因果関係を探る──実験計画法
第7章 メッセージを読み解く──内容分析の方法
第8章 メディアをウォッチする──メディア分析
終 章 研究法のまとめと今後の課題
補 章 論文の書き方
 巻末資料 研究テーマの紹介
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016