HOME > 詳細 > 行政組織とガバナンスの経済学 -- 官民分担と統治システムを考える
同一ジャンルへ: 経営学,組織論
行政組織とガバナンスの経済学

行政組織とガバナンスの経済学 -- 官民分担と統治システムを考える

望ましい行政組織のガバナンスを提唱

赤井 伸郎 (兵庫県立大学助教授)/著


2006年11月発売
A5判上製カバー付 , 314ページ
定価 3,672円(本体 3,400円)
ISBN 4-641-16280-8


経営学
組織論
個別テーマの解説書

○在庫あり

官と民,国と地方の役割分担の適正化に向けて,行政組織とガバナンスのメカニズムを明らかにし,制度設計を試みる意欲作。行政組織における非効率性やガバナンス・システムの問題点を理論的・実証的に解明し,望ましい地方政府のガバナンスのあり方を指し示す。
目次
序 章 行政組織のガバナンス
第1部 理論編
 第1章 行政組織のガバナンス改革の流れ
 第2章 コミットメントとガバナンスの分析
 第3章 独立行政法人のガバナンスの経済分析
 第4章 損失補填・出資形態のインセンティブ問題
第2部 実証編
 第5章 第三セクターのガバナンスの経済分析
 第6章 地方3公社のガバナンスの経済分析
 第7章 公営企業のガバナンスの経済分析
 第8章 地方自治体のガバナンスの経済分析
 終 章 行政組織とガバナンス・システムのあり方

受賞

第48回(2007年度)エコノミスト賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016