HOME > 詳細 > 日本の金融政策 -- レジームシフトの計量分析
同一ジャンルへ: 金融
日本の金融政策

日本の金融政策 -- レジームシフトの計量分析

望ましい政策運営を考察する

関西学院大学研究叢書 > 関西学院大学研究叢書 118

田中 敦 (関西学院大学教授)/著


2006年09月発売
A5判上製カバー付 , 238ページ
定価 4,320円(本体 4,000円)
ISBN 4-641-16269-7


金融 > 金融政策

在庫なし

金融政策の効果波及メカニズムに焦点を当て,ゼロ金利政策や量的緩和政策まで含めた政策運営手法について考察する本格的研究書。どのような目標を選択した政策運営(政策レジーム)が望ましいか理論的に分析し,その理論が日本に当てはまるか実証的に検討する。
目次
第1章 金融政策の目標と政策運営
第2章 金融政策目標の選択
      ――政策反応関数のレジームシフト分析
第3章 金融政策の操作目標と準備市場
      ――中期モデルによる実証分析
第4章 1990年代末以降の準備市場
      ――準備市場のレジームシフト分析
第5章 金融市場と政策効果の波及メカニズム
      ――金融市場の一般均衡分析
第6章 金融政策における中間目標の選択
      ――Monetary Combination Policyの計量分析
第7章 貸し渋りと貸出市場の不均衡
      ――貸出市場のレジームシフト分析
第8章 1990年代以降の金融政策の有効性
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016