HOME > 詳細 > 日本機械工業の社会的分業構造 -- 階層構造・産業集積からの下請制把握
同一ジャンルへ: 産業組織論
日本機械工業の社会的分業構造

日本機械工業の社会的分業構造 -- 階層構造・産業集積からの下請制把握

渡辺 幸男/著


1997年12月発売
A5判 , 390ページ
定価 5,616円(本体 5,200円)
ISBN 4-641-16022-8


産業組織論

在庫なし
受賞

中小企業研究の主要課題である下請制に関し,今までの研究を踏まえ,その相互関連,位置づけ,限界を明らかにするために,社会的分業構造と競争の視点から下請制研究の論理的枠組みを提示する。今後の中小企業研究にとって重要な視座を提起する画期的な業績である。
目次
《主な目次》
 序章
第1部 下請制研究の諸議論とそれらの限定性
 1章 従来の下請制研究の展開と到達点
 2章 既存の下請制をめぐる議論の限定性とそれを越える方向
第2部 日本の機械工業の社会的分業構造の実態
 3章 分業の主体
 4章 日本の機械工業の特色
 5章 日本の機械工業における企業・工場の存立形態
 6章 分業を媒介する取引関係
 7章 専門化,取引関係および階層構造の実態
 8章 社会的分業構造
 9章 機械工業の地域分布と地域別動向の統計的確認
 10章 機械工業企業存立の地域的類型化
 11章 日本機械工業の地域間分業構造
 12章 日本機械工業の社会的分業構造と競争
第3部 歴史的展開の概観と既存議論の位置づけ
 13章 社会的分業構造の形成展開と到達点/他

受賞

平成10年度 中小企業研究奨励賞特賞/1998年度 アメリカ学会清水博賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016