HOME > 詳細 > コモン・ベーシック弁護士倫理
コモン・ベーシック弁護士倫理

コモン・ベーシック弁護士倫理

あるべき弁護士像を求めて

加藤 新太郎 (新潟地方裁判所長)/著


2006年10月発売
A5判上製カバー付 , 292ページ
定価 3,456円(本体 3,200円)
ISBN 4-641-13474-X


裁判制度・裁判法一般 > 弁護士・弁護士法
個別テーマの解説書

○在庫あり

「法学教室」に連載されたものをまとめたもの。弁護士が最も遵守しなければならない規律――弁護士倫理を,民事法を中心として,審理の流れを意識しつつ,場面場面において事例にしたがって分かりやすい解説を施した。弁護士の倫理と実務の両面の理解に役立つ。
目次
第1部 弁護士倫理のコア
 第1章 職業倫理であること(職業倫理としての法曹倫理ほか)
 第2章 コンピテンシィ(弁護士の事件受任ほか)
 第3章 受 任(不当な事件の受任ほか)
 第4章 訴訟の引き延ばし(訴訟の引き延ばしの依頼と訴訟活動ほか)
 第5章 利益相反(利益相反をめぐる弁護士倫理ほか)
 第6章 法律事務所の共同化(共同化と弁護士倫理ほか)
 第7章 守秘義務(その1)(守秘義務の実質的根拠ほか)
 第8章 守秘義務(その2)(守秘義務の対象となる秘密ほか)
 第9章 真実発見(弁護士のエクスキューズほか)
 第10章 相手方に対する配慮(相手方に対する配慮と弁護士倫理ほか)
 第11章 弁護士報酬(弁護士における経済問題の現実ほか)
 第12章 組織内弁護士(組織内弁護士の実相ほか)
 第13章 弁護士職務基本規程(弁護士倫理の法源ほか)
第2部 弁護士倫理の周辺
 第14章 弁護士の民事責任(弁護士の依頼者に対する責任ほか)
 第15章 民事執行過程における弁護士の役割(依頼者に対する弁護士の役割ほか)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016