HOME > 詳細 > 手続裁量とその規律 -- 理論と実務の架橋をめざして
手続裁量とその規律

手続裁量とその規律 -- 理論と実務の架橋をめざして

理論と実務の架橋をめざす

大江 忠 (弁護士),加藤 新太郎 (司法研修所教官),山本 和彦 (一橋大学教授)/編


2005年05月発売
A5判並製カバー付 , 390ページ
定価 4,290円(本体 3,900円)
ISBN 4-641-13407-3


裁判制度・裁判法一般
民事訴訟法

在庫なし

民事訴訟審理の中で不可欠な裁判官の手続裁量と規律のあり方につき,学者と裁判官・弁護士の共同研究により,従来主張されてきた理論と実務とを対比しつつ,実効性のある理論と理論に裏打ちされた実務を求めて,両者の架橋をめざした画期的な成果をまとめた書。
目次
第1部 手続裁量の規律
 第1章 「基本的な考え方――実務家の視点」=加藤新太郎
 第2章 「基本的な考え方――研究者の視点」=山本和彦
第2部 理論と実務の架橋の姿
 第1章 「事件の振分け」=山本和彦
 第2章 「審理計画」=三角比呂
 第3章 「17条移送」=山本和彦
 第4章 「争点整理手続」=村田渉
 第5章 「釈明」=加藤新太郎
 第6章 「口頭弁論の分離と併合」=笠井正俊
 第7章 「証拠の採否」=三角比呂
 第8章 「証拠調べ」=大江忠
 第9章 「専門訴訟」=村田渉
 第10章 「和解の勧試」=大江忠
 第11章 「心証開示」=加藤新太郎
 第12章 「口頭弁論の終結」=山田文
 第13章 「審理の現状に基づく判決」=笠井正俊
 第14章 「口頭弁論の再開」=山田文
第3部 総 括
 〈座談会〉民事訴訟審理における裁量の意義とその規律
  司会:大江忠,伊藤眞,加藤新太郎,田中成明,山本和彦
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016