HOME > 詳細 > 民法総則講義
同一ジャンルへ: 民法総則
民法総則講義

民法総則講義

現代用語化に対応した講義テキスト

潮見 佳男 (京都大学教授)/著


2005年04月発売
B5判並製カバー付 , 508ページ
定価 3,888円(本体 3,600円)
ISBN 4-641-13373-5


民法総則
基本書・体系書

○在庫あり

実際の事案を簡略化したCase,制度・概念を理解するのに適した設例としてのCaseを多用した講義用テキスト。基本的な制度・概念について理解でき,推論の基本的手法を修得することができる新時代のテキスト。平成16年現代用語化法案に対応した。
目次
第1編 民法の基礎
 私法としての民法とその基本原理/日本民法の構造と歴史
第2編 権利の主体(1)自然人
 権利主体と権利能力/住所ならびに不在者の財産管理
第3編 契約の成立と内容確定
 序論――権利の変動/法律行為・意思表示/契約の成立/契約内容の確定
第4編 契約の無効・取消原因
 意思無能力・制限行為能力/合意の瑕疵/契約の不当性/無効と取消
第5編 契約(法律行為)の効力発生時期
第6編 時 効
第7編 法律行為の代理
 代理制度/無権代理・表見代理/代理と類似する制度
第8編 権利の主体(2)法人
第9編 権利の客体「物」
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016