HOME > 詳細 > 新しい農業経済論
同一ジャンルへ: 農業経済
新しい農業経済論

新しい農業経済論

山口 三十四/著


1994年06月発売
A5判 , 198ページ
定価 2,268円(本体 2,100円)
ISBN 4-641-08548-X


農業経済
入門書・概説書

○在庫あり

牛肉・オレンジに始まった農産物の輸入自由化は,聖域であった米の部分開放にまで及ぶことになった。円高は日本農業の国際競争力低下に拍車をかけている。このように国際化する食料問題や日本農業の現実をミクロ・マクロ理論を用いて説明し,今後の日本農業を展望する。
目次
《主な目次》
第1部 国際化時代の食料と農業
 第1章 国際化時代の食料と農業
 第2章 世界農業の不均衡発展
 第3章 農産物と米の自由化
第2部 日本農業と食料経済学
 第4章 農業の特殊性と日本農業
 第5章 日本の農産物の生産と消費
 第6章 日本の農家経済と生産要素
第3部 日本農政の課題と展開方向
 第7章 財政金融構造の変化と農業
 第8章 農業政策の課題と展開方向
 第9章 新政策の考え方と問題点
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016