HOME > 詳細 > 東アジア国際環境の変動と日本外交1918-1931
同一ジャンルへ: 政治
東アジア国際環境の変動と日本外交1918-1931

東アジア国際環境の変動と日本外交1918-1931

戦間前期の日本外交の選択

服部 龍二 (拓殖大学講師)/著


2001年11月発売
A5判上製カバー付 , 338ページ
定価 6,048円(本体 5,600円)
ISBN 4-641-07647-2


政治 > 日本政治史・日本外交史

○在庫あり

米国の理念外交や中国の革命外交など新外交が錯綜し始めた東アジアで,現代政治の幕開け状況に懸命の対応を試みる日本。第一次大戦終結から満州事変に至る戦間前期の日本外交の選択を,新進気鋭の外交史家が,日米の他,中国・韓国・ロシアの外交文書も用い新解釈で描く。
目次
《主な目次》
序 論
第1章 「国際変動の第一波」と原外交
 協調の中の拡張策
 「鮮満防衛」体制の模索ほか
第2章 ワシントン体制の成立と「国際変動の第二波」
 ワシントン会議と極東問題
 不干渉政策の深化と「国際変動の第二波」ほか
第3章 中ソ新動向と第一次幣原外交
 日ソ関係と中国修約外交
 中国内争と日本の対応ほか
第4章 国民政府の成立と田中外交
 田中外交と中英米
 朝鮮問題と日ソ関係ほか
第5章 第二次幣原外交と「国際変動の第三波」
 東アジア構想の相克
 「国際変動の第三波」としての満州事変ほか
結 論

受賞

平成13年度 吉田 茂賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016