HOME > 詳細 > 日本研究原論 -- 「関係体」としての日本人と日本社会
同一ジャンルへ: 社会学
日本研究原論

日本研究原論 -- 「関係体」としての日本人と日本社会

浜口 恵俊/著


1998年05月発売
A5判 , 430ページ
定価 6,048円(本体 5,600円)
ISBN 4-641-07606-5


社会学

在庫なし
受賞

国際化時代における比較文化研究の隆盛のなかで,日本研究もいま新たな展開をみせている。〈間人〉モデル・〈間柄〉モデルを提起して,日本社会論・日本人論の新たな地平を次々に切り拓いてきた著者の,ライフワークともいうべき日本研究の到達点を示す。
目次
《主な目次》
日本研究における「間人」モデル
日本研究のパラダイム論
日本人の〈にんげん〉モデルと「間柄」
「状況型行為」の原理
「価値」とは何か
日本人のモラル・システム
イエモト集団内の人間関係
「日本らしさ」の存在論的基礎
日本型分析モデル「関係体」の特性
日本型複雑系論に向けて

受賞

京都新聞大賞文化学術賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016