HOME > 詳細 > 萬葉集全注 巻第九
同一ジャンルへ: 文学
萬葉集全注 巻第九

萬葉集全注 巻第九

新感覚の萬葉集研究

萬葉集全注 全二十巻 > 萬葉集全注 全二十巻

金井 清一 (京都産業大学名誉教授)/著


2003年04月発売
A5判上製箱入 , 298ページ
定価 5,940円(本体 5,500円)
ISBN 4-641-07139-X


文学

在庫なし

巻第九は萬葉集全二十巻の中で,唯一,雑歌・相聞・挽歌の三大部立が揃ってあり,しかもそれ以外の部立が存在しない巻である。長歌22首,短歌125首,旋頭歌1首の計148首を収録。柿本人麻呂歌集と高橋虫麻呂歌集とを二本の柱として「旅」に関した歌を収める。
目次
◆一千年の歴史をもつ萬葉研究の本流である訓詁注釈の伝統の上に,現代萬葉学の特色――歴史,風土,民俗,宗教など隣接諸学との多様な交流――を活かした新しい内容の滋味溢れる注釈。
◆本文は「原文よみ下し」と「口語訳」とを大きな活字で上下二段に対照,歌のもつ声調をいきいきと味わえるように配慮した。
◆解説は〔注〕と〔考〕の二部に分け,精緻な語釈をほどこす〔注〕に対し,〔考〕の部では作歌の動機やその社会的背景を描くと共に,歴史に生きる作者の姿を再現するようにつとめた。研究者,学生にとって絶好の手引きであるばかりでなく,一般愛好者の心の糧ともなるであろう。
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016